防犯対策グッズの値段っていくらぐらい?

防犯対策どっとこむ

防犯カメラや防犯ブザー、催涙スプレーなど防犯グッズの平均的な価格について説明しています。

防犯対策口コミ

スポンサードリンク

防犯対策基礎知識

ブログパーツ

  • seo

防犯グッズ

防犯対策グッズの値段っていくらぐらい?

最近では、いろいろな防犯グッズを購入し、実際に携帯している、もしくは家庭内で使用していると言う人も少なからずいることでしょう。しかし、そのような人々はまだ少数派であり、多くの人は防犯グッズの必要性を認識せずに、それらの価格でさえ分からないかもしれません。ここでは、防犯グッズのことをよく知らない人のために、防犯グッズの市場価格について説明しましょう。


防犯グッズの中で一番手に入れやすいグッズは、防犯ブザーです。これは、それほど高いものではありません。バッグやランドセルに取り付けて、持ち歩いて使う小型の携帯タイプならば、1千円台で購入できます。ただし、持ち運び可能な携帯タイプ以外なら、すこし高価になってしまいます。家庭内でインターフォンに設置するタイプや、室内の人感センサーなどと連動した特殊なシステムを必要とするタイプだと、3万円以上かかってしまいます。


次に、催涙スプレー、または防犯スプレーですが、これは、おおよそ2千円台で購入できるようです。その他の防犯グッズとは異なり、スプレー缶単体のみの価格であるため、高額なものはほとんどありません。例外的に、珍しい形態の催涙スプレーであっても、1万円前後と言ったところでしょう。


最後に、最もよく知られている防犯グッズは、防犯カメラです。会社向けの大掛かりなシステムでは、10万円は超えるものがほとんどであり、それに加えて、システムの維持管理費も含めると、かなり高額になってしまいます。しかし、家庭用の防犯カメラなら、1万円前後から購入できます。


この価格は、家庭用の防犯カメラ単体の値段であることに注意しましょう。これ以外にも、録画用のビデオや、それらを連携させて監視するためのシステムなどの価格を合わせると、少なくとも4万円~5万円以上はかかってしまいます。防犯グッズは、これら3種類以外にもいろいろなものがありますが、その全てが、適正価格や相場と言ったものがない分野であるかもしれません。


お気に入り登録

防犯グッズ

売れ筋書籍

プロが教える住まいと防犯住宅

マンション、戸建て、あなたはどちら?/これが住まいを取り巻く犯罪だ!/犯罪被害者にならないためには/住まいの防犯仕様とは/防犯こそ快適マンションの条件/戸建てで進む防犯住宅/住まいの防犯格付け評価

泥棒はなぜ「公園に近い家」を狙うのか?

誰も気づかなかった!犯罪の落とし穴/住宅侵入窃盗が多発する意外な立地とは…/一戸建ての家には、危険がいっぱいだ!/あなたのマンションは危険に満ちている!/普通の生活の中に、犯罪者は潜んでいる/危険!間違いだらけ!子供のための防犯対策

梅さんの「今日からできる命と財産の守り方教えます」

命と財産を守るためにまず知っておきたい 防犯の基礎知識Q&A/毎日の習慣が犯罪を遠ざけるカギ 暮らしの防犯Q&A/ちょっとした工夫で安全を手に入れる! 住まいの防犯Q&A/凶悪犯罪から身を守るための心得はこれ! 女性と子どもの防犯Q&A/犯罪の少ない環境づくりが安心の第一歩 地域の防犯Q&A

Copyright 2009-2014 防犯対策どっとこむ All Rights Reserved.